歯肉炎 歯磨き粉 おすすめ

歯肉炎におすすめの歯磨き粉ランキング!

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

歯肉炎,歯磨き粉,おすすめ

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特徴

 

・もっとも強力なブラジル産プロポリスを配合

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果が非常に高いのが特徴で、その殺菌力で歯周病や口臭を予防します。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有効成分が浸透しにくい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を殺菌し歯周病や口臭を防ぎます。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  殺菌作用によって歯垢の形成を抑え歯周病や口臭を予防します。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血行を促進し歯茎を活性化させることによって歯周病や口臭を予防します。

 

・キシリトール

 

  虫歯原因菌の成長を抑制します。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症作用があり歯周病の炎症を緩和します。

 

・茶エキス

 

  消臭作用があるので歯周病による口臭に効果を発揮します。

 

・トウキエキス

 

  血行促進作用、抗炎症作用があり歯周病の症状を和らげます。

 

・液体タイプなので、口腔内の隅々まで行き渡らせることができます。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は配合していません。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

歯肉炎,歯磨き粉,おすすめ

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・累計750万本も販売実績のある人気商品。

 

・殺菌作用のある薬用成分が歯周病菌や虫歯菌、口臭を抑えます。

 

・歯茎の血行を良くして、歯周病を予防します。

 

・生薬から抽出されてたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯周病を予防します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。

 

・歯科医との共同開発

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨き

 

歯肉炎,歯磨き粉,おすすめ

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに記載されている成分などが正しいか、原材料などの項目があり、専門家や評論家が審査を行います。

 

・上質な天王柿の柿渋エキスを配合

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があり、歯周病の症状や口臭を緩和します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んできません。

 

・サンゴや貝殻など、天然由来の研磨剤を使用

 

・なたまめエキスを配合

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯周病の改善、口臭に効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯周病の予防、口臭の防止に効果があります。

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

 

オーラパール

 

歯肉炎,歯磨き粉,おすすめ

 

>>薬用OraPearl

 

 

オーラパールの特性

 

・歯周病予防成分のみならず、ホワイトニングで歯が白くなる

 

・ハイドロキシアパタイト

 

  歯のダメージを修復し白く輝かせる

 

・塩化ナトリウム

 

  歯茎を引き締め出血を抑制する

 

・マクロゴール400

 

  タバコのヤニなど歯に沈着した汚れを溶解

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

  歯周病菌などといった雑菌を消毒する

 

・グルチルリチン酸

 

  歯ぐきの炎症を抑制する

 

・ゼオライト

 

  歯石の沈着を防止し虫歯を予防

 

・塩化リゾチーム

 

  歯ぐきの出血や炎症を抑制し、歯周病菌を消毒する

 

・ε-アミノカプロン酸

 

  歯ぐきの出血やむくみを抑制する

 

・塩化セチルピリジウム

 

  歯周病の原因菌を殺菌する

 

・これ一本でお口の悩みの大部分をカバーします。

 

 

>>薬用OraPearl

 

 

 

 

 

薬用オーラクリスタ―・ゼロ

 

歯肉炎,歯磨き粉,おすすめ

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

こちらの商品は歯磨き粉ではありませんが、歯磨きだけではどうしても口臭が消えないという方に大人気の商品です。

 

口の中に「シュッ」とスプレーするだけで、口臭が消えます。

 

「腐った卵の臭い」の硫化水素、「血なまぐさい臭い」のメチルメルカプタン、「生ごみのような臭い」のジメチルサルファイドの3大口臭を抑えます。

 

他にも、歯周炎予防、虫歯予防、歯周病予防、ホワイトニングの嬉しい4つの薬用効果があります。

 

また、持ち運びが便利なのでいつでもどこでも気になったときに使用することができます。

 

即効性もあり、スプレーしてすぐに口臭を抑えることができます。

 

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

 

 

 

歯肉炎とは?

 

歯肉炎は歯周病の初期段階である場合が多く、歯茎が炎症を起こした状態です。

 

歯周病以外にも虫歯や食べ物の刺激、栄養障害、ビタミン欠乏、糖尿病、血液疾患、感染症、アレルギーなどが原因になることもあります。

 

このサイトでは歯肉炎のおもな原因である歯周病に関する内容を扱っています。

 

 

 

 

 

歯周病の原因

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。

 

歯を磨かないと歯と歯茎の間に白い粘土質のようなものが付きますが、これが歯垢です。

 

歯垢は細菌の塊で、その中に歯周病菌も存在します。

 

この歯周病菌が毒素を出し、体調が悪い時など免疫力が下がったときに感染してしまいます。

 

歯周病に感染した当初は自覚症状がほとんどないので気づかないで放置してしまうことが多いです。

 

しかし、そのまま放置しておくと症状がどんどん悪化して、歯槽骨という歯を支えている骨が溶けて、最後には歯が抜けてしまいます。

 

歯周病は予防することと、早めに対策をすることが大切です。

 

 

 

 

 

歯周病対策

 

歯周病対策で重要なのはブラッシング(歯磨き)です。

 

歯周病の原因である歯垢をブラッシングで丁寧に取り除きましょう。

 

いくら丁寧にブラッシングをしても、完全に歯垢を取り除くことは不可能といわれていますが、歯周病専用の歯磨き粉を併用するなどしてきれいにしましょう。

 

歯ブラシ以外にも、デンタルフロス(糸ようじなど)、歯間ブラシも使って歯と歯の間の汚れも落としてください。

 

歯と歯の隙間がほとんどない場合はデンタルフロスを使用し、隙間がある場合には歯間ブラシを使用して下さい。

 

歯間ブラシには太さの種類がありますので、自分に合ったものを使うようにしましょう。

 

歯間ブラシは一番細いものでも、ある程度隙間がないと使用できません。

 

 

 

 

 

歯ブラシの選び方

 

歯ブラシは柔らかめのものを使うようにしてください。

 

歯医者さんでもやわらかめの歯ブラシを推奨しています。

 

良く、硬めの歯ブラシでゴシゴシ磨いている方がいますが、あまり良くありません。

 

歯や歯茎を傷めますし、細かいところをきれいに磨くことができません。

 

綺麗に歯を磨くためには、毛先が柔らかくヘッドの小さいものがいいです。

 

磨き方は、歯ブラシを軽くあてて、細かく動かして一本一本丁寧に磨きます。

 

また、歯と歯茎の間の歯周ポケットの奥の汚れを取るために、歯ブラシを斜めに当てて毛先が歯周ポケットの奥に入るようにしましょう。

 

やわらかい毛先の弾力を使うようにして、歯周ポケットの中の汚れを掻き出すようなイメージで磨いてください。

 

 

 

 

歯周病は自覚症状がない?

 

あなたは自分が歯周病になっていることを認識していますか?

 

日本人の約8割の方が歯周病にかかっていることをご存知でしょうか。

 

ほとんどの人が歯周病にかかっているということですね。

 

ほとんどの人が歯周病なら別に自分も歯周病にかかっていてもいいのでは?

 

とも思ってしまうかもしれませんが、放っておくと最終的には歯が抜けてしまったり、命にもかかわる怖い病気なんです。

 

歯周病は自覚症状がなく初期のころに対策する方は少なく、初めから予防しようという人はほとんどいないといっていいでしょう。

 

 

 

 

 

歯周病は命にかかわる危険な病気

 

歯周病は全身疾患を引き起こすこともある怖い病気です。

 

歯茎が腫れて出血して、りんごをかじると血が付いているなんてかわいい話ではないんです。

 

歯周病は歯周病菌という菌に感染して起こります。

 

そのままにしておくと歯周病菌が血液で全身に運ばれ、肺炎や心臓病などを引き起こすこともあります。

 

特に高齢者になると歯周病にかかっている割合が増え、なおかつ免疫力が弱まっているために様々な疾患を発症しやすくなります。

 

また、糖尿病も悪化させることもあるようです。

 

歯周病にかかっている方が妊娠すると早産や低出生体重児になる確率が高まるなど子供に影響するようです。

 

 

 

 

 

歯周病の初期症状を見逃さないためには?

 

歯周病は自覚症状があまりないので気づきづらいです。

 

歯茎が腫れた場合には、歯周病を疑ってみることが大事です。

 

歯周病は歯磨きで磨ききれなかった食べかすなどで、それがたまって歯垢になります。

 

歯垢は食べかすではなく、細菌の塊です。

 

普段は目に見えない細菌なので、あの塊には相当の数の細菌がいます。

 

その大量の細菌がガスを発生させるので口臭もきつくなってきます。

 

歯茎の炎症は歯周病の初期症状なので、早めの対策をしましょう。

 

 

 

 

 

歯肉炎を治す方法は?

 

歯肉炎を治すには抗炎症作用の成分を配合している歯磨き粉を使うのがいいと思います。

 

ただ、炎症を抑えれば治りますが、その原因を取り除かなければ再び炎症を起こし歯肉炎になってしまいます。

 

歯肉炎の原因といえば歯垢です。

 

歯垢はブラッシングで落とすことができますが、そのままにしておくと歯石になってしまってこうなるブラッシングで落とすことはできません。

 

歯石になってしまったら歯医者に行って削ってもらうことになります。

 

歯石も細菌の住処になりますので、そのままにしておくと歯肉炎になりやすくなります。

 

なので、個人で歯肉炎をを予防するためには専用の歯磨き粉を使って、丁寧にブラッシングすることです。